富山で介護相談ができる住宅介護リフォーム専門店。介護福祉士・ホームヘルパー・福祉住環境コーディネーターが在宅介護をサポート。

富山 石川 介護 相談 住宅 リフォーム 親孝行リフォーム 介護リフォーム お取引 介護リフォーム 介護福祉士 介護リフォーム リンク集 介護リフォーム サイトマップ 介護リフォーム お問合せ

HOME > 北陸に多い在来工法の家 > 在来工法とは

在来工法とは

富山 住宅 リフォーム 在来 工法 介護

 北陸に多い在来工法の住宅。
 在来工法の住宅とは、昔ながらの伝統的な日本家屋の建築技法で皆さんの見慣れている住宅だと思います。在来工法の住宅は日本のジメジメした夏を快適に過ごすのに風通しがよく出来ている代わりに、北陸の冬を過ごすのには寒く出来ています。また在来工法は昔ながらの技法なために、尺貫法で住宅の間取りが成り立っています。そして段差が多いのも特徴です。

 親世帯である高齢者にとっては、とても親しみやすいけれども、暮らしていくには若干不具合の多いのが在来工法の住宅です。

在来工法の住宅とは

 在来工法とは昔ながらの伝統的な日本家屋の建築技法のことです。具体的にいいますと、土台、柱、梁を用いて作られる木造の住宅のことで、在来軸組工法、木造軸組工法とも言われます。
 北陸地域ではごく一般的に見られる住宅がこの在来工法で、皆さまにも最も馴染みのある住宅の工法だと思います。

   在来工法 住宅 ※在来工法の構造

在来工法の特徴

 北陸に良く見られる在来工法の住宅の特徴ですが、昔ながらの建築技法のため、住宅の間取りをはじめとしたすべてに於いて尺貫法が用いられています。1尺=10/33メートルですから約303ミリメートルになります。ですから柱は4寸≒12cmだったり、廊下の幅が柱の芯から芯で3尺≒90.9cmだったりします。
 また、柱で成り立っているので、壁が少なく開口スペースを自由に取れ、風通しが良く、光を取り入れやすいのが在来工法の住宅の特徴です。

親世帯から見た在来工法の特徴

富山 砺波 南砺 在来工法 玄関 段差

 在来工法をはじめとした、木造住宅は床面に段差が生じやすいのが特徴の一つです。玄関の敷居、上がりかまち、廊下と部屋の境に必ずといってよいほど必ず段差があります。在来工法の住宅には多くの段差が点在し、つまずきや転倒の原因となります。実際に多くの高齢者が段差による転倒で骨折しています。そして高齢者の骨折は寝たきりにつながりやすいので、大変注意が必要です。
  段差は高齢者の自立への大きなハードルです。

 

>>在来工法の6つの改善目安!!

>>交通事故より多い高齢者の家庭内事故!!

>>あなたのお宅はどうですか?(チェックリスト)

お問い合せ フリーダイヤル0120-93-9277住宅・介護リフォームに関するご質問・お悩み事等、お気軽にどうぞ。

親孝行しませんか?

在宅介護を応援します!

北陸に多い在来工法の家

施工実績

生活お役立ち情報

会社概要

お問い合せ

営業エリア

親孝行リフォームは、富山県砺波市、南砺市を中心に介護相談から介護リフォーム等のサービスを提供しています。

富山県:富山市(大沢野、大山、八尾、婦中、山田、細入)、高岡市(福岡)、射水市(新湊、小杉、大門、大島、下村)、小矢部市、砺波市(庄川)、南砺市(井波、井口、城端、福野、福光、利賀、平、上平)

営業エリアについて

介護 住宅 親孝行 リフォーム ブログ

<営業エリアについて>
富山県:富山市(大沢野、大山、八尾、婦中、山田、細入)、高岡市(福岡)、射水市(新湊、小杉、大門、大島、下村)、
小矢部市、砺波市(庄川)、南砺市(井波、井口、城端、福野、福光、利賀、平、上平)

親孝行しませんか?在宅介護を応援します!富山県に多い在来工法の家施工実績生活お役立ち情報
会社概要サイトマップお問い合せHOME

Copyright © 2007 木村産業.All Right Reserved.